withの本人確認は安全?そもそも出会い系ってどうなの?アプリで安全に出会うための方法

2021.09.25
この記事の結論
  • withの本人確認は、健全な出会いのために必要
  • withの本人確認で学生証は使えない
  • 安全性の高いペアーズ(Pairs)と併用もおすすめ

21歳 大学生

img
withの本人確認って安全?

18歳 大学生

img
個人情報、漏れたりしない?

withをはじめとするマッチングアプリでは本人確認をしないとメッセージができないことに、疑問と安全性への不安を持つ方は多いのではないでしょうか。

今回は、withの安全性となぜ本人確認が必要なのかをお伝えします。

安全性の高いアプリならペアーズ!

ペアーズ

・会員数No.1
・24時間365日のケア・監視
・「TRUSTe認証」取得

withは安全?

withは上場会社「イグニス」が運営する、安全性の高いマッチングアプリです。

3つの監視・サポート体制と、個人情報保護法に準拠した運営を行っています。

3つの監視体制
1. 24時間365日対応のカスタマーケア
2. 24時間365日の悪質ユーザー監視・強制退会システム
3. ユーザーの通報システム(参考:with)

withは2020年に「婚活マッチングアプリ アプリの使いやすさ 第一位」にも選ばれました。

>>>安全性の高いアプリならペアーズもおすすめ!

withの本人確認は異性会員と安心に出会うために必要

withで本人確認が必要な理由は、健全なユーザーの健全な出会いを保護するためです。

本人確認を必要としないアプリは犯罪に巻き込まれる危険性があります。

1. 法律により規定されているから

平成20年12月から出会い系サイト規制法に18歳未満の児童保護の目的のために、マッチングアプリで本人確認が必須となりました。

出会い系規制の目的
インターネット異性紹介事業(マッチングアプリも該当)について必要な規制を行うことにより、児童買春などの犯罪から保護し、児童の健全な育成に資することを目的とする(参考:警視庁)

2. サブアカウント作成防止

宗教やビジネス、風俗の勧誘などをする迷惑ユーザー対策としても、本人確認を行っています。

>>>安全性の高いアプリならペアーズもおすすめ!

withの本人確認で必要な身分証明書

本人確認では身分証明書の提出が必須です。

ない場合、withの本人確認はできません!

本人確認可能な身分証明書
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード
・障害者手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
・自衛官診療証
・年金手帳(参考:with)

学生証は使えません

健康保険証の場合、提出する際該当箇所を塗りつぶすマスキングが必要となります。

マスキングが必要な箇所
記号と番号
保険者番号
枝番(記載のある場合のみ)
QRコード(記載がある場合のみ)(出典:with)

プライバシー保護の観点からマスキングが必要とされています。

>>>安全性の高いアプリならペアーズもおすすめ!

withの本人確認の手順

実際の画像を使いながら、本人確認の手順を5つにわけて紹介します。

1. 画面右下「マイページ」をクリック

2. 会員ステータスをクリック

3. 有料プラン一覧をクリック

4. 本人確認をするをクリック

5. 提出する書類を選ぶ

withと併用したいマッチングアプリ

併用したいマッチングアプリ
1. ペアーズ(Pairs)
2. タップル

1. ペアーズ(Pairs)

ペアーズ(Pairs)は、会員数No.1のマッチングアプリ。

HDI格付けベンチマーク3つ星のオペレーターが24時間365日対応のカスタマーケア・監視を行っています。

HDI格付けベンチマークとは?
一般消費者からボランティア審査委員を募り、完全な顧客視点から各業者のWebサポート及び問い合わせ窓口のパフォーマンスとクオリティを評価するシステム

個人情報セキュリティの信頼マーク「TRUSTe認証」も取得している安全性の高いアプリです。

TRUSTe認証とは?
個人情報を収集する事業者に対し、第三者であるTRUSTeが事業者の個人情報の利用や保護の状況を「審査・認証」し、問題がない場合のみ取得できるシンボル(参考:TRUSTe)

サービスとしては、11万種以上の趣味趣向をアピールできるコミュニティや、近くの人と出会える距離検索、ビデオ通話を展開。

安心して楽しく出会いを探せます!

2. タップル

タップルは、withと同じく20代前半の会員数が主なマッチングアプリ。

ペアーズと同じく、HDI格付けベンチマーク3つ星のオペレーターが24時間365日対応のサポート・監視を実施。

個人情報セキュリティの信頼マーク「TRUSTe認証」も取得しています。

サービスとしては、「おでかけ機能」や「ウィッシュカード」など実際のデートにつながりやすいものが多いです。

まとめ

今回は、withの安全性と本人確認の必要性についてお伝えしました。

本人確認を要さないアプリ=危険とも言えますね。

併用するなら安全性の高いペアーズがおすすめです。

本人確認の際は、学生証は使えないので注意しましょう!

この記事の著者

hanahosa