withの平均いいね数は?男女別・地方別に調査

2021.04.19
この記事の結論
  • withの平均いいね数は男性が46、女性が319
  • withは地方ごとにいいね数が大きく異なる
  • withは診断イベントが効果的

23歳会社員

img
withの平均いいね数はいくつ?

25歳コンサル

img
どうやったらいいねは増えるの?

みなさんが気になる平均いいね数を男女別・地方別に調査してみました!

withがおすすめな理由

with

・メンタリストDaiGo監修

・オリコン顧客満足度No.1!

・心理学を利用したマッチング

withの平均いいねは?

withで2,400人のデータを独自調査し、全国の平均いいね数を出しました!

男性 46いいね!

女性 319いいね!

女性がモテモテの状態ですね~

withのいいね数は直近30日にもらった数です。そのため、一定期間が過ぎるといいね数は減少。

実はこのいいね数、多ければ多いほどさらにいいね数が増えやすくなります。

アメリカの動物学者ドガトキン博士がグッピーを使って実験しました。

<モテスパイラル>

●結果
仕切りを取り外すとメスはモテている見た目の悪いオスを選んだ。女性はモテている男性が好き。
●概要
1.水槽を3つのブロックに仕切り、真ん中にメスを1匹入れる。

2.両サイドのブロックにオスを1匹ずつ配置。

3.片方は見た目の良いオス。もう片方は見た目の悪いオスを入れる。

4.ブサイクの方のみメスをたくさん入れ、ハーレムの状態にした。

つまり、女性は外見の良さより他の女性にモテている男性に魅力を感じるということ。

>>>withのダウンロードはこちら

withの平均いいね数の調査方法

この記事では、全国のwithユーザー2,400人のプロフィールから平均いいね数を調査しました。

その調査方法を公開します!

調査方法
地域区分北海道・東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄
対象会員数

男女別 各地域200

2,400

検索条件おすすめ順

上記画像のように、地道に地域ごとのいいね数を入力!

全国平均は、6つの地域の平均値で計算しました。

>>>withのダウンロードはこちら

withの平均いいね数[全国平均][地方別][男女別]

ここでは、調べた地方ごとの平均いいね数を大公開。

自分のいいね数と照らし合わせて見てくださいね!

平均いいね数
地方
北海道・東北36242
関東75694
中部39187
近畿51454
中国・四国29180
九州・沖縄46159

会員数の多い関東は平均いいね数が多いのがわかります。

>>>withのダウンロードはこちら

withでいいねを増やすコツ11選

1.トップ写真にこだわる

マッチングアプリで1番大切なのはトップ写真。

必ず顔写真を載せましょう!

ここで、トップ写真を撮る時の効果的なポイントをご紹介します。

●研究2010年ウェールズ大学の研究

●概要お金持ちで無い男性が高級車と撮った写真を女性に見せた。

※女性はその男性がお金持ちで無いと伝えられている

一緒に写る物にもこだわってみましょう!

>>>withのダウンロードはこちら

2.文章を4分類して書く

プロフィール文章もマッチングに繋げる大事なポイント。

以下の4つに分類して書いてみましょう!例文も参考にしてみてください。

プロフィール文章4つの分類
仕事サービス業をしていて、いつも笑顔で接客をしています!
趣味古着屋巡りが好きで、○○というお店がお気に入りです
性格一緒にいると落ち着くと周りから言われます
特技小学校からサッカーをやっているのでスポーツが得意です

簡潔に、他の会員と差別化できる内容を意識して書きましょう!

>>>withのダウンロードはこちら

3.好みカードに30枚以上登録する

withは性格面でマッチングしたいユーザーが多い!

自分と同じ好みカードを登録している人とマッチングしたいのは当然です。

好みカードをより多く登録するとマッチング率がアップ!

>>>withのダウンロードはこちら

4.診断イベント

withではメンタリストDaiGoさん監修の相性診断や性格分析イベントがあります。

通常イベント期間限定イベント
テーマ基本の相性季節ものや旬の価値観
特徴①好きな時に参加可能

診断結果で相性がいい相手に

無料で

いいね!とメッセージ付きいいね!を送信可能

特徴②結果がプロフィールに表示され、共通点に繋がる

参加すれば相性の良い相手が見つかる

さらに、超性格分析という科学的に信憑性がある分析もあります。

診断イベントに参加してマッチング率を上げましょう!

>>>withのダウンロードはこちら

5.診断イベントと無料いいね!を毎日使い切る

常時通常イベントは開催!

4.診断イベントで解説したように、参加するとマッチング率が上がります。

また、いいね!をすると自分のプロフィールが見られる確率はアップ!

無料で使える分は最大限使わないと損に決まっています。

マッチング率を上げるにはこの2つを有効活用しましょう!

>>>withのダウンロードはこちら

6.無料いいねではメッセージ付きいいね!を使う

男性は初回メッセージのみ送れます。

また、期間限定イベントでは無料でメッセージ付きいいね!を送信可能!

メッセージ付きいいね!を送ると本気度が伝わり相手の履歴に残るため、マッチング率がアップします。

>>>withのダウンロードはこちら

ここでは、足あとを付けてくれる人にいいね!すると良い理由をご紹介!

<単純接触の原理>

接触回数が多いと相手に好意を持たれやすい

つまり、1度プロフィールを見た人にいいね!を送れば接触回数を増やせるということ。

マイページ→足あとから閲覧できるので、積極的にいいね!を送りましょう。

>>>withのダウンロードはこちら

8.いいね数が少ない女性にいいね!を送る

いいね数が少ない=ライバルが少ない

→マッチング率が高い

<探す方法>

1.ログインが新しい順

2.登録日が新しい順

上記の条件で探すと、いいね数が少ない女性にたどり着き易いです!

>>>withのダウンロードはこちら

9.足あとを残す

7.足あとを付けてくれる人にいいね!を送るで解説したように、マッチング率を上げるには接触回数を増やすのが重要。

いいねを消費せず、自分のプロフィールを多くの人に見てもらうにはこの手段が最も手っ取り早い方法。

ここで、アメリカの心理学者ザイアンスが行った、対象を繰り返し見ると好意度は変化するのかについての研究を紹介します。

<ザイアンスの法則>

●結果
対象を繰り返し見ることで、対象の特徴とは無関係に好意度が変化する
●概要
・12人の被験者が対象
・見ず知らずの他人がそれぞれに写った写真を、1枚につき2秒のペースで無作為に86回提示。
・86回の提示がすべて終わった後に、被験者は各写真に対する好意度を7段階で評価。

積極的に足あとを付けるのが効果的ですね!

>>>withのダウンロードはこちら

10.ログイン中の相手にいいね!を送る

ログイン中の相手はリアルタイムでいいね!を見ています。

そのため、プロフィールを見たり、いいね!を返したりしてくれる可能性が高いです。

緑の丸が表示されているログイン中の人を狙っていいね!を送るのが効果的でしょう!

>>>withのダウンロードはこちら

11.一言メッセージで面白いことを書く

ここを気にする女性は意外と多い!

面白いメッセージを書くと女性の印象に残りやすいです。

人柄が出る部分でもあるので、「自分がどう見られたいか?」に合わせて言葉を選定すると◎

withがおすすめな理由

with

・メンタリストDaiGo監修

・オリコン顧客満足度No.1!

・心理学を利用したマッチング

withのいいねの確認の仕方

自分のいいね数の確認方法は簡単です。

1.「マイページ」へ移動

2.「プロフィールを編集・確認」をタップ

グッドマークの横に表示されている数字はあなたが獲得したいいね数!

ただし、男性は無料会員の場合、自分のいいね数を確認できないので注意しましょう。

>>>withのダウンロードはこちら

withのいいねが減る理由

withでは古いユーザーが優先されないよう、約1ヶ月経過したタイミングで削除される仕組みになっています。

新規ユーザーを考えた良いシステムですね!

>>>withのダウンロードはこちら

withのいいね数の自分と相手の表示の違い

実は自分と相手でいいね数の表示が異なるのを知っていますか?

自分相手
もらったいいね数
ありがとう×
表示期間1ヶ月2,3ヶ月

相手から見た自分のいいね数は、他人からスマホを借りて見る方法でしか確認できないので注意しましょう!

>>>withのダウンロードはこちら

まとめ

今回はwithの平均いいね数から、いいねを増やす方法をご紹介しました!

withでは好みカードや診断イベントなどいいね数を増やせるチャンスが盛りだくさん!

いいねを増やすコツ11選を試すと効果的です。

地方によっても平均いいね数は異なるので、自分の地方の平均を超えるのを目標にするのもいいですね!

withがおすすめな理由

with

・メンタリストDaiGo監修

・オリコン顧客満足度No.1!

・心理学を利用したマッチング

 

 

この記事の監修者

img

藤原勲

マッチングアプリ「ペアーズ」の元世界NO1ユーザー。
オンラインサロンや個別指導を通じ、延べ500人以上を指導。