ペアーズ(Pairs)でブロックされたくない!する・された時の確認方法

2021.02.10
この記事の結論

男性 21歳

img
ペアーズでブロックされたくない!

男性 22歳

img
ペアーズでブロックする方法を知りたい
今回はペアーズのブロックに関する情報をご紹介します。

おすすめのマッチングアプリ

Dine

 

・メッセージなしでデートに行ける

・ドタキャンされる心配なし

・お店が選定されている

ペアーズ(Pairs)のブロックとは?

ブロックとは関わりたくない相手と相互に連絡できなくする機能

マッチングの前後どちらでもブロック可能です。

>>>ペアーズの無料ダウンロードはこちら

 

ペアーズ(Pairs)のブロックと非表示の違い

ブロックは1度やると解除できませんが、非表示は解除できます

1.ブロックの方法

1.ブロックしたい相手のプロフィールを表示し、右上の「…」をタップ

2.「非表示・ブロックの設定」を選択

3.ブロックを選択し「設定」をタップ

4.「ブロックしますか?」で「はい」を選択し完了

>>>ペアーズの無料ダウンロードはこちら

 

2.ブロックされた時の相手の見え方

自分をブロックした相手は退会したユーザーと同じ見え方になります。

メッセージ履歴がすべて消え、検索や足あとなど全ての接触が不可能に

逆に、ブロックした側もされた側の情報は一切見れなくなります。

>>>ペアーズの無料ダウンロードはこちら

 

3.非表示の方法

1.非表示したい相手のプロフィールを表示し、右上の「…」をタップ

2.「非表示・ブロックの設定」を選択

3.非表示を選択し「設定」をタップ

4.「非表示にしますか?」で「はい」を選択し完了

>>>ペアーズの無料ダウンロードはこちら

 

ペアーズ(Pairs)でブロックされないメッセージの3つのコツ

ペアーズでブロックされる主な原因はメッセージです。

1.初回メッセージ

いきなり会う約束やLINE交換を切り出すのは止めましょう

ヤリモクと思われブロックされてしまいます。

初回メッセージで相手に興味があることを伝えると「返報性の法則」が働き、興味を持ってもらえます。

返報性の法則
相手からの好意に対して「お返ししたい」と感じる心理効果
>>>ペアーズの無料ダウンロードはこちら

 

2.デートの約束まで

初回メッセージが上手くいっても、「話が盛り上がらない」「イメージと違う」などの理由でブロックされます。

よく行く場所や好きな食べ物の話を振ると話が盛り上がり、デートの約束までスムーズに。

また、デートに誘う際「ダブルバインド」を使うと成功率が上がります。

【ダブルバインド】
概要 

OKをもらった前提で2択の提案をすると、相手は無意識に要求を受け入れる

「15日と17日どっちが都合いい?」 「AとBどっちのお店にする?」

>>>ペアーズの無料ダウンロードはこちら

 

3.デート当日まで

デートの約束をしても女性の気持ちが冷めるとブロックされます。

約束した日からデート当日まで期間が空く場合は定期的に連絡しましょう

予約を済ませたりリマインドしてあげると親切な印象を与えられます。

>>>ペアーズの無料ダウンロードはこちら

 

メッセージのいらないおすすめマッチングアプリはDine(ダイン)

 

Dineはマッチング相手とメッセージ無しでデートできるマッチングアプリ。

お店が選定されているのでお店選びに迷う必要がありません。

また、キャンセル料を請求する「Dineプロテクト」によりドタキャンされにくいです。

メッセージがいらないのでブロックされる心配もなし

>>>Dineの無料ダウンロードはこちら

 

まとめ

ペアーズのブロックについてご紹介しました。

非表示は解除できますがブロックは解除できないので、ブロックする際は慎重に判断しましょう

また、メッセージが原因でブロックされることがほとんど。

ブロックされないようなメッセージを送りましょう!

メッセージが面倒に感じる人にはDineがおすすめ。

この記事の著者

Sota Yokoo

関連記事

もっと見る