withのメッセージで無視されるNG例とメッセージが続くコツ【例文付き】

2021.09.10
この記事の結論
  • withのメッセージですぐに会おうとしたり、馴れ馴れしいのはNG
  • withのメッセージは相手のプロフィールやメッセージの内容に共感し、最後に質問すると良い
  • メッセージが面倒な方はお出かけ機能のあるタップル

25歳会社員

img
withでマッチはするけどなかなかメッセージが続かない…。

27歳営業

img
トークのアドバイスや共通点はどう使えばいいの?
with(ウィズ)は心理学的観点から監修されており、価値観の合う人とマッチしやすいマッチングアプリ。

しかし、価値観の合う相手となかなかメッセージが続かなくて悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

もしかしたら、相手にとってNGな文章を送っているかもしれません。

この記事ではwithのメッセージで無視されるNG例とメッセージが続くコツを紹介します。

メッセージが面倒な方はタップルがおすすめ!

タップル

 

・メインは20代前半の恋活層
・気軽なスワイプでマッチ可能
・本人認証でなりすまし0

withのメッセージで無視されるNG例【例文付き】

〜NG例文〜

こんばんは〜

よろしく〜!

20:45

僕も□□が好きなんですけど、

ぜひ今度一緒に行きたいのでLINE交換してくれませんか?

20:46

初めまして!よろしくお願いします!

20:57

もう少しお話ししてからの交換だと嬉しいです。

20:57

このような短文かつ単調な挨拶のみだと女性側も挨拶のみでの返信になりやすく、「返信しなくていいかな」と思われやすくなります。

1. すぐにLINE交換をしようとする

早く会いたいからといって、すぐにLINE交換を申し出るのは控えましょう。

ヤリモクや業者と思われ、不信感を持たれてしまいます。

「デートの待ち合わせのために交換する」くらいが自然で丁度いいです。

2. 最初からタメ口

初めからタメ口でメッセージを送るのは避けましょう。

これもまた、馴れ馴れしさが裏目に出てしまい、女性から警戒される原因に。

何度かやりとりをして、距離が近くなってからタメ口を使うとあまり警戒もされません!

3. 自慢話ばかり

自分の魅力を伝えようと女性に対し自分の会社での実績や過去の経歴などばかり話してしまう方がいます。

しかし、これは女性は不快に感じやすく、逆効果になりやすいです。

自分のことも話しつつ、相手にも話を振るようにしましょう。

女性との会話は共感が大事

競争と共感
男は競争を、女は共感を求める傾向にある

出典 オランダのユトレヒト大学が2017年に100件を超す過去の心理学のデータから「他人への印象が悪い人がやりがちなミスをまとめた」

4. 短文

メッセージが短すぎるのは、相手からすると内容がなく返信しづらいです。

メッセージを考えるのが面倒でも、相手が返信したくなるようなメッセージを心がけましょう。

特に相手のプロフィールで気になったポイントに触れると、女性側はプロフィールを読んでくれたんだなと思い、返信したくなります。

メッセージが苦手な方はおでかけ機能のあるタップルがおすすめ!

withのメッセージで続くコツ【例文付き】

〜Good例文〜

こんばんは〜

マッチしていただき、ありがとうございます!

△△の〜です。

よろしくお願いします!

20:45

□□が好きなんですね。

僕も好きで、最近は○○にハマっています!

☆☆さんはどんなのが好きなんですか〜?

20:46

初めまして!よろしくお願いします!

20:57

同じ趣味の人が周りに中々いなかったので嬉しいです。

20:57

○○いいですよね!
私は▽▽が好きで、最近ハマっています〜!

20:58

こちらは上で挙げていたNG点を考慮した、相手が返信しやすいメッセージになっています。

相手の女性のプロフィールから自分との共通点を見つけ、お互いが打ち解けやすい話題を振ると、会話が進みやすいです。

また、この共通の趣味からデートなどに繋がったりするためおすすめ!

1. 共通の話題を取り上げる

withでは、女性のプロフィールに共通点〇個と表示がされます。

この共通点は相手と仲良くなるために大切!

お互いの共通点の中で自分が話しやすいトピックを選んで、会話を広げることで、相手に親近感を持たせることができます。

類似魅力説

意味

人は自分と似た行動、性格や身体的特徴を持つ者に魅力を感じる

2. 共感+質問

相手のプロフィールやメッセージの内容に共感した上で最後に質問してみましょう、

女性側は、あなたに好感を持ちやすく、返信もしやすくなります。

一方、質問が多すぎると相手にめんどくさがられることもあるので注意!

女性との会話は共感が大事

競争と共感
男性は競争を、女性は共感を求める傾向にある

3. 自分の事は適度に話す

共感や質問だけでも仲良くなれますが、より恋愛関係になるために、もう一歩踏み込んで自分のことについて話してみましょう。

お互いの信頼関係が増し、他の男性会員より一歩リード可能に!

しかし、自分のことを知って欲しいからと独りよがりな会話にならないような注意も必要です。

自己開示の法則
自分の情報を開示するほど、相手は自分のことを信用する

・使い方 自分の過去について嘘偽りなく、相手よりも先に開示するなど

4. メッセージの量や頻度を合わせる

返信頻度を相手に合わせると、親近感を抱いてくれます。

メッセージが短い人に長く返したり、メッセージ頻度が少ない人にすぐ返したりすると、「この人は自分に合わない」と思われやすいです。

1番は相手に合わせること。

同じペースであれば、相手も負担なく会話を続けられて効果的です!

ミラーリング 

相手のしぐさや言動を鏡のように真似することで、相手に好意や親近感を抱かせる心理テクニック

メッセージが苦手な方はおでかけ機能のあるタップルがおすすめ!

withの初回メッセージの際の注意点

1. 初回メッセージでは審査がある

withでは、会員の安全のために初回メッセージ(1通目)で運営側の審査が入ります。

2通目のメッセージ送信まで時間がかかるため、事前に1通目に伝えたいことをまとめましょう!

2. 21歳以下なら割安料金で有料会員登録できる

withには、21歳以下なら1週間1500円でお試しできるプランがあります。

21歳以下の方は、このお得なプランでアプリをお試しして、有料会員の登録を検討してみては?

3. 年齢確認が終わらないと返信できない

withでは、メッセージ交換を行うには年齢確認が必要です。

メッセージを送信した男性側が、年齢確認を終えていたとしても、女性側が年齢確認を終えていなければ、メッセージを返信できません。

また、免許証などの証明書の確認には通常で1時間〜24時間ほどかかる可能性があるため、メッセージの返信がすぐに来ないことがあります。

返信が来ないことに落ち込むのではなく、女性側の状況を理解して、気長に返答を待ちましょう!

メッセージが面倒な人向けアプリ3選

[dash-box color=”k”]

1. タップル
2. Dine
3. クロスミー [/dashbox]

1. タップル

タップルは、20代前半の人が会員数の多くを占めるマッチングアプリで3,700円/月~から始められます。

通話機能があるため、コロナ禍でもオンラインデートをすることが可能です。

「おでかけ機能」を使えば、即日デートも可能なため、メッセージが面倒な方には特におすすめ!

また、スワイプ形式なため、直感でマッチングですることができます!

タップルで使える心理学

直感の判断は90%正しい!

参加者に直感で問題に答えさせたところ、90%の正解率を記録した。

2. Dine

Dineはメッセージなしでデートに行けるマッチングアプリ。

お互いが興味のあるお店を選んでマッチングするので、満足度の高いデートができます。

ランチョンテクニック
食事の満足度が高いと、一緒にいる相手への満足感も高まる心理

デート日程の自動調整やお店の予約代行があり、手間いらずです!

3. CROSS ME(クロスミー)

クロスミーは、すれ違った相手とマッチングできるアプリ。

そのため、自分の近くに住んでいる女性と知り合えます。

実は居住地の距離と恋愛には関係があるんです!

ボッサードの法則
男女間の物理的な距離が近いほど心理的な距離は狭まるという法則

確かに、住んでいる場所が近いと親近感が湧きますよね。

また、すれ違いでマッチングするクロスミーならではの「今日マッチングして今日会う」今日デート機能も。

まとめ

今回は、withのメッセージで無視されるNG例とメッセージが続くコツについて紹介しました。

中でも、メッセージでは相手が返信しやすくなるよう、相手の趣味や価値観に共感した上で質問などを行うことが重要でした。

メッセージが苦手な方はマッチした異性と当日会うことができるタップルなどがおすすめなので、ぜひ試してみてください。

この記事の著者

kobayashi